葉酸サプリで元気に育つ赤ちゃん|必要な栄養をしっかり摂取しよう

女性

不妊の経済的な負担とは

看護師

保険でカバーする

現在、日本の人口は緩やかな減少傾向にあり、その理由の一つとして子供の数が減っている事があります。経済的に子供を増やせないという事もありますが、妊娠したくても出来ない夫婦も多く存在しています。不妊治療において、薬物療法や卵巣などの手術に関しては保険適用になるものの、体外受精や人工授精は保険適用外であり、不妊治療を行っている夫婦の経済的負担が大きいものになっています。現在、女性向けの保険で不妊治療の費用をカバーするという方法があります。国もこのような一定の需要があり、社会的意義もあるという認識でいるので、このような保険商品が増える事が予想されます。どの疾病まで保険でカバー出来るのか確認して入ると良いです。

助成金を貰おう

名古屋市では医療保険が適用されない体外受精など高額な医療費を支払った夫婦に対して助成金を出すという制度があります。この名古屋市の制度には色々と条件があります。条件としては、名古屋市指定医療機関で特定不妊治療をしている事や不妊治療以外の方法では妊娠する事が難しいといった場合などです。また、初めて助成を受ける時の妻の年齢が43歳以上だと助成の対象にならないなど年齢によって内容が異なってきます。40歳未満だと6回まで、40歳以上から43歳未満までは上限が3回までとなります。助成金の情報は名古屋市のホームページにこのような細かい情報が載っていますので確認すると良いです。不妊治療の期間が長くなればなるほど費用が数100万レベルになってきます。貰えるものは確実に貰っておく事が重要となります。