葉酸サプリで元気に育つ赤ちゃん|必要な栄養をしっかり摂取しよう

女性

不妊に関する知識

医者

治療方法とは

専門機関へと検査へ行き、何も異常が見られないケースもあります。一人目をすでに出産している人でも不妊になる方もいます。二人目不妊と呼ばれるものです。何故不妊症になってしまうのかは個人によって異なってきますし、身体が正常に機能していて卵子や精子に問題がなくても受精に至らないこともあります。原因不明の不妊の場合はまず排卵のタイミングを見計らうタイミング法から治療開始することがほとんどです。特に月経不順の方などは排卵日が特定しにくいですし、排卵日に受精しなければ妊娠出来る身体だとしても妊娠に至らないでしょう。生理周期によって排卵日の計算が異なってきます。基礎体温からでもチェックできるので普段から付けるようにしましょう。

妊娠と出産と不妊

男性に比べて女性の方が妊娠出産に携われる年齢が短いですから、子供が欲しいと考えているならば適齢期のうちに出産しておいた方が良いかもしれません。当然ながら、年齢を重ねると妊娠出来る可能性も少なくなってきます。35歳からは高齢出産と定義づけられていましたが、晩婚化に伴い現在では40歳以降が高齢出産とされるようになりました。不妊治療を行う人が増加したのも晩婚化が原因でもあります。不妊治療を行えば必ずしも妊娠する保証はありません。保険が効かないとされている不妊治療は高度不妊治療になればそれだけ費用も上がるので生活に余裕がなければ受けることは出来ないかもしれません。自治体によって助成されることもあるので確認しておきましょう。