葉酸サプリで元気に育つ赤ちゃん|必要な栄養をしっかり摂取しよう

看護師

産科や婦人科

赤ちゃん

川崎などに存在している産婦人科は妊娠や出産、避妊などの時に利用することができ産科と婦人科に分かれています。これはポータルサイトを利用する事によって簡単に探す事ができるのですが、その際には各地域の名前をクリックして簡単に見つけられるのです。

詳細を読む

不妊に関する知識

医者

妊娠したくても出来ない時には不妊治療を受けましょう。年齢を重ねると妊娠しにくい身体になってしまいますから、専門機関で適切な治療を受けて妊娠のサポートをしてもらいましょう。高度不妊治療になると高額な料金が掛かります。

詳細を読む

不妊の経済的な負担とは

看護師

現在、不妊治療を保険でカバーする方法があり、国も一定の需要があり社会的意義もあると認識していることから、このような保険商品が増える事が予想されます。また、名古屋市では高額な医療費を支払った夫婦に対して助成金を出す制度があります。

詳細を読む

妊婦に必須の栄養素

妊婦

妊婦に必要な理由は

葉酸と言えば、妊婦さんに必須の栄養素です。無脳症や脊椎二分症といった先天性の奇形を防止したり、妊婦さんの貧血を防止する効果があると言われていて、母子手帳にも摂取の必要性が記載されています。葉酸は細胞分裂のために必要な成分なのですが、赤ちゃんは受精卵になると細胞分裂を繰り返して人間の形になって行きます。その時に葉酸が不足してしまうことで様々な障がいが出てしまう可能性があるため、そのリスク軽減のために葉酸の摂取が推奨されています。妊婦さんに必要な葉酸の量は食べ物以外から400マイクログラムの摂取が推奨されています。食べ物以外ということは、葉酸サプリで摂取するということです。葉酸サプリという形での摂取が推奨されているのにはわけがあります。

天然と合成の違いとは

葉酸サプリには天然のものと合成のものがありますが、妊婦に摂取がすすめられているのは合成のものです。葉酸は食べ物で摂取しようとすると熱や水で流れ出てしまうため、煮たり焼いたりすると含有量が半分近くにまでなってしまいます。しかも、体内での吸収率が50%以下と言われています。調理することで含有量が少なくなるものが体内ではさらに半分しか吸収されないのでは、1日に必要な量を摂取することが難しくなります。合成されている葉酸は体内での吸収率が約85%になっています。製造のためのコストや吸収率の関係で、葉酸サプリは合成葉酸を使用したものが多くなっています。海外の研究でも、合成葉酸を摂取することで赤ちゃんの先天性奇形のリスクが軽減したと言うデータが発表されているのです。